電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

芸術的努力時間を

やっと正月明け4日。

 休みというのは「予感」に過ぎないので、休みが来ると思っているのが全部である。休んでいる渦中というのは別に「休んでいる」という自覚はないもので、仕事も練習もしてない状態というのはほとんど感覚遮断の実験のよう。いかに日常が刺激に満ちてるかを知る。

大岡越前再放送を毎日とりだめたのも含め4時間くらい見るのと、息子と散歩するくらいしかやることはないが(歩かない老母をなんとか外に連れ出そうという親孝行)あんなに29日まで弾いていたピアノも全く音を出さずが5日も続くと、流石に何か新しい曲を探す気にもなる。2月にイタリアというのもこの大岡越前見てひっくり返ってる状態からは考えにくいが、とにかく飛行機代も払っちまったし、行くのである。

 私は小学校の頃から、もっというなら幼稚園、いや、その前からあまり動きのない人間である。指差しと「あれ」「これ」が言えるようになった1歳未満から淡谷のり子のように動かなかったと母が言ってた話は前にも書いたが、淡谷のり子に失礼な気もする。

 しかし動かないようにつまり「死んだふりして」生きていこうと私は20歳くらいの時に決めて、働きもせずうだうだしてたが(今で言う引きこもりね)そういう生き方を応援してくれるスポンサー探しは大事なところだったというのに大失敗、うーんと働く羽目になったが、今になって思えばこれが私を救ったね。私はうだうだするのが好きなくせにそれに見合わないエネルギーがあるらしく、状況が許していたらとっくに内向してうつ病にでもなってたと思うよ。常に何か寒々しい刺激でも受けてないと冷却不能になった原子炉みたいにメルトダウンしてしまうのである。

 その予備軍、来たれ!元気で何でもできるのに、もっとどぎつい刺激にも耐えられる体力知力ともに備わっているというのに「臆病」からそれをしまっている皆さん、寒風に晒して嫌な思いの一つもしようではないか。

 例えば「発表会」人前で一人でうたうってどれだけ拷問でしょう。当教室はそれを強制全くしませんが、毎度半年前にいっぱいになる。

芸術の世界にはやってもやってもどうにもならないことが沢山転がっているのでとりあえず死ぬまで困らない。私程度の能力ではとにかく努力を貢ぐしかないのでいつでも忙しいのである。

 「芸術」やっている人間は(ったってピンキリだが)必ずやってない人たちを軽蔑してたりすることが言動なんかからも明らかであるが、そう言う特権意識ゆえにいつもあんまり仕事がなく、でも若い頃は「ラ・ボエーム」みたいで楽しいが、だんだん歳もとってくるとピアノも弾けないフジ子・ヘミングみたいになっちゃうものである。その「特権意識」は毎日うまいもんも食わないで練習ばっかりしてんだよ、うかうか遊んでるんじゃねえよ!というルサンチマン的発想でもあるが、確かに「芸術的鍛錬」をしていない人って消費にやられてることが多く、えー、やだ。と思うことも多いが、そこはこっちが良いと思っているなら「こっち側」を提案するプラットフォームにならなくては「商売」にはならない。

 そこに嘘と怠惰があっちゃならないと思う。とするとそんなに「効率良い商売」にならないとして、それが正しいと思う。ピアノ弾く当たり前な技術一つ習得するって膨大な時間がかかるが。とりあえずお子達にクラビなんとか売らないでほしいがな。大人はいいけど。この話はまた書く。

 まあ、「芸術」で寒々しく努力しているなんて「平和」で幸せなことだと思う。今年もどこまで「核心」に迫れるか!と思って奮闘努力するんだろうけど、それは思えば幸福なことなのである。そんなことしていられる毎日が続いてくれますように、などと気弱になって祈ってみたりする。

 みなさまにおかれましても追求していることが外的要因で妨げられませんような良い一年でありますように。

明けましておめでとうございます。2024年1月4日

 

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報