電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

声だし

 最近朝から画期的に声が出る発声を編み出したので、ぜひレッスンで。

イタリア語をうーんと鼻腔に持ってきちゃうというものなのだが、私のような重い声は重い人格は重い体は、そう、声とはその人の全部の窓口なので、声を聞けば色々なことがわかる。全体に重いのが私だが、朝は早起きではあるが、声を立ち上げるまでに結構時間がかかったのだが、これを持ってすると割と早く立ち上がるし、精神的にめんどくさい気持ちが減る。

 この位置に初めからいるというのが声楽の基本なんだろうと思うが、それが初めから備わっている人がやればいいじゃん、では「サービス」にならないのである。あえて「教育」などと言わない。だって別にうたはうたわなくても良いものだからだ。

 でもうたえるといいよ、今日は二期会の会議であったが、オペラとかの前に、人はどこまで共鳴できるか大会の開催とか、小学校の体育館でどこまで声が出るかやってみるワークショップだのはどうだろう。

 オペラのような不道徳なものを学校でやるのはいかがなものかと思うのである。だからマミーシンガーズは、万引きをやめよう挨拶をしよう、といった「道徳」をオペラにしてるんだが・・元来声楽的発声とは背徳なものである。

 それは人前で出すのはどうかというような「嬌声」が基本だからだ。

今日は後楽園ホテル内のシズラーというところで書いているんだが、ここはもうほとんどファミレスで、赤ちゃん連れママ6人とかすぐ前にいるが、その先には小学生、最近の親は・・などというのはいやらしい姑根性丸出しで嫌だが、公共と私的部分は限りなく敷居がないので、どんな嬌声もOK。赤ちゃんはしょうがないが、ママが恐縮しないね。あんたの家の子はそのままその発声を怒られないから、将来声楽家になれるかもね。大体はしつけで鳴らなくなっちゃうんだから。でも小学生がここで鬼ごっこもどきのことをしてるのはどうなのかな。

 嬌声を出していい場というのは限られていて、公園、学校の休み時間、ジェットコースターに乗った時、お化け屋敷、そして声楽の練習及び本番である。シズラーはこの中に入っているわけね。

 うちの生徒は品が良くて躾も行き届いていてなかなか嬌声が出せないが、それを出してもらうのが、さっきの話に戻るが「サービス」である。声楽が一番いいのである。マイクに気を遣わなくていいし、上手くなれば人前でやってお金も取れるし。

 嬌声どころか声すらほとんど出せないような職場で人は声だけでなく何かを抑圧して暮らしているが、ある程度自分は殺さないと、つまり声を殺さないと仕事にはならないのだとしたら反動としての「声だし」は必要よね。

安い飲み屋のうるささは格段だが、これで大人か?というような声を聞くことができる。カラオケというのはこの鬱屈した日本に良い捌け口になったはずです。昔バイトしてた建設省の外郭団体の二次会のカラオケでは課長見習いの人が、これほど音程のないうたがあるのか・・といったうたを何曲もうたっていたが。上手くうたう必要はないのだな。声を出すのが大事。

ジェットコースターもいいよね。うちの生徒がなかなか嬌声が出せなくて困っている時に、後楽園のジェットコースターの乗客の声はやすやすと白山通りを超え教室の中にまで入ってくる。

 どんなに乗ってない時も声楽的ポジションに入る、それも私のように重い人がそこにさっさと入れるという発見は画期的かもしれない。声は出していないとどんどん出なくなる。声を出す筋肉が衰えるというのもあるだろうが、声出しにくいメンタルになるからだ。特に矯正に近い声を出すのは背徳感があるから出せない。でもその声こそあなたを解放する近道だけどな。

 この教室に入ろうかな、と思ってこのブログを読んでいる人もいるでしょうが、ここまで読み進んだあなた、まずYouTubeで何か歌手を見つけ真似してみましょう。真似してできちゃうようなことなので、それでできてしまうなら家で、学校で、職場でうたってみましょう。でも地声になっちゃう、息が続かない、小さい声しか出ない、などなどいろいろお悩みがあることと察します、ぜひ当教室へおいでください!

 

 

 

 

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報