電話番号: 03-3816-3461
お問い合わせ
ページ上部へ

ニュータウン的ではない何か

 小池整体医院の「ダダダだ」という機械が思いの外(と言うのは、あんまり人間的でないと思うので、嫌いな人も多いと思う)効くと言うことがじわじわわかってきたが、ここ5日くらいなんとなくぎっくり腰的であったが、このダダダは結構治せる。針の方が一回で効果かもしれないが、私は針よりダダダが好き。小池先生曰く、これは押すよりずっと効果あるんですよ、3年やってるけど、押す角度とかもっと精度高くなるはず。

 そう、私も声楽教室やって15年以上経つが、最近は精度が上がった。初めの方に来てくれていた生徒の皆さん、お元気ですか?あの頃はなんだかよくわからず教えていたかもしれません、すいませんでした。ぜひまたお越しください

 今かなり「人の声と体」ないし「声と精神」などもわかるようになったし、

 人はいろんなタイプがある、が、そのタイプはある程度類型化できる、が、そこに頼っていると見逃す真実もある、が、ある程度「ひっぱる言動」も必要。

 例えば初心者だったり「いい人」だったりは、100円入れたらジュースがでる的アルゴリズムの信望者が多いが、その場合とにかく一つのマニュアルを与えてしまうこともありなのだと思うようになった。

 例えば「コロナ」なども割と怖がってテレビの号令を信じ切ってしまうような素直な人に対して、「舌に力が入っている」等「真実」を言ってはいけない。そこばっかり気になって、かえって舌根が上がる。考えすぎると呼び寄せると言うのは何にでも当てはまる。

最近思うが、これだけ誰でも上手くする声楽教室なんかあるの?(このページは宣伝です)

人は上手くすることができるが、自分は一向に進歩しないので、うたもピアノも習いに行っているわけだが、流石に最近少し改善の兆しが・・な気がする。私は昔から人の悪いところを指摘するのが抜群にうまかったのだ。だから指導は上手いのである。でも自分は「人」ではないので、でも誰でも自分のことって一番わからないものだけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昨日は娘の学校の先輩が出てると言うので、オペラをほんと何年振りかでみに行ったが、久しぶりだったのと演目が「愛の妙薬」だったので楽しかった。

そうだよね、子供とか初心者とかは絶対これから見るといいと思う。

 新国立劇場で私はS席以下で見たことなかったが、娘が買ってくれたのが5階の席だったので、いやはやS席も5階席も高くてびっくりでした、って笑点の大喜利。本当に高かったが、例えば文化会館の5階席は私は高くて怖くて無理だと思ってたが、次回3月小澤征爾監修「こうもり」はもうすでに文化会館5階席しか空いていないが挑戦。

 いつまで経ってもなんかホール環境って良くならない。オペラはSだとちょっとまともなものだと5マン近いのだ。しかしSからしか売れない。それはマンションが高いところから売れるのとも似ている。

 それも速攻で売れるので、良い公演は張り付いている時間がない人は買えない。もういいよオペラなんか特権階級の見ものなんだろ、オレっちは無料のユーユーブがテレビのコロナ番組でも見てるよ、ふん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 先週は千葉ニュータウンを社会科見学していたが(私の趣味は社会学)千葉ニュータウン中央駅から印西牧の原駅まで歩いた。いやはや、何もかも陳列しているカインズとか入ると逆に消費欲が減退するのは、やはり消費とは前回書いたように、「おどし」か「だまし」のなかでなければどれも買う価値もないガラクタだからだと思うが、ちゃんと言えば

 消費とは商品という記号が生み出す実態なき虚構、すなわち神話である

残念なことにボードリヤールが言ったんだが、こういうふうに言えればえらいと言われる。しかし外国のこの手の学者の慧眼には驚嘆ではないか。何言ってるかほとんどわからない「消費社会の神話と構造」は1970年台に書かれており、私には最近こうしてポツポツとわかることが出てきた。

 あちこちに作られた(1960年台から)「ニュータウン」がもう「ニュー」ではなくなってしまっているわけだが、そこここ老朽化と老人化している一世代限りの人工都市。悪書は駅までで捨て、車道と歩道はわけ、公園を沢山作り、病院、学校、その他のインフラも適切に配し、変なスナック街もいかがわしい店もない。あるのはロードサイドの大店舗法で出店している店と、特定の企業が手を変え品を変え「お店」を出しているショッピングセンター。便利で清潔でいいじゃないか、ではあるが、ということは街に必要なのは「便利」「清潔」以外なものなんだろうと類推する。

 それが何かを一言で言えないところの「何か」であるわけだが、例えば「体」のような不透明で「知らされていない」、100円入れたらお化けが出てくるような理不尽な何かであろう。「うた」などの面白さはそこだと言えるのかもしれない。

 朝のワイドショウ、玉川さん、というニュースキャスターは、日本中がその言動に虜になっているわけだが、特にコロナとか健康に関して、なるほど正しい。

玉川徹とかけてニュータウンととく、などと大喜利をやりたくなってしまう。

 病気じゃない方がいいに決まってるし、長生きの方がいいに決まっているが、なんかふん、と言ってニュータウンの広場で缶でも蹴って言いたくなる。

 生きていることが健康に一番悪いのさ。

玉川さんはどこかのニュータウンの出身ではないだろうか?

 

 

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • あなたの声の見つけかた~呼吸から始める発声法~
  • 宝槻美代子 公式ブログ
  • 宝槻美代子声楽教室 活動情報